映画「真空地帯」軍隊内部を赤裸々に描写

今回、ご紹介するのは映画「真空地帯」。終戦後まもなくの映画のため、事実をリアルに踏襲した映画となっています。いまとなっては、色々な意味で作ることのできない戦争映画です。

戦争とは合法的な集団的「人殺し」です。軍隊とは「人殺し集団」に他なりません。人を殺すという事は一線を越えることで、人でなしになることです。

軍隊、つまり、人でなし集団とは一体どんなものなのか、それをこの映画は教えてくれます。先にご案内した、「鬼太郎が見た玉砕~水木しげるの戦争~ 」もそうです。

さまざまな手段で、戦争を美化する方々が居ますが、信用してはなりません。元々美しくないものを敢えて美しいと嘘を付くのですから、動機はロクなもんじゃありません。

何度も言っていますが、日本の人殺し集団の7割が飢え死にです。南方戦線では9割以上です。残りは、背中から撃たれた人や、軍隊内部で処理された方々もいますので、敵弾に倒れた方々はあまりいないと思われます。戦争で死んだ兵士を英霊と呼ぶ方々がいます。なんと読んでも、とどのつまりは人でなしと言うことです。
しかし、本当に悪いのは岸信介のような、戦争で私腹を肥やした方々です。戦後はアメリカの手先となり、悪事を重ね続けています。

真空地帯 監督 山本薩夫 1952年

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です